妄想

いくらプラスな気持ちでいても、マイナスで来る人もいます。

仕方のないことです。

マイナスな感情のヤツは、そういうヤツらだけでヨロシクやってもらいたいものですが、そうは行かないのがこの世の中。


そういうヤツには、髪の毛掴んで、頭突きかまして、ヒジ打ちからの、倒れたとろを馬乗りパウンド。
うつ伏せになったところをチョークスリーパーで絞め落とす、、、


いやいや、、全て妄想です。

そんなこと、できるわけも、するはずも、ありません。

ちょっと強がってみたかっただけです。


マイナスな空気を、一気にプラスな空気に変えられるような、懐の深い人間になりたいものです。


念の為ですが、、、

これは妄想であり、フィクションです。