故郷

f:id:life-and-martialarts:20200210210341j:plain

高田城の雪景色。

f:id:life-and-martialarts:20200210212516j:plain

f:id:life-and-martialarts:20200210212527j:plain

高田公園の、蓮や、桜。


当時は当たり前の景色でしたが、

故郷を離れて、25年ほど。


今朝、朝のテレビ番組で、高田城を映しているのを見た時、とても懐かしい気持ちに。


越後は、その昔、上杉謙信が治めていました。

武田信玄が、今の山梨を治めていた時、山梨には海がない為、塩が不足し、それを聞いた上杉謙信が、ライバルだった武田信玄に、塩を送った、というエピソードはあまりにも有名。


決して、新潟県民は良い人、だとアピールする訳じゃないですが、

どこにも、県民性、というのは、あると思います。


上杉謙信は、いくさ、戦術に長けていましたが、天下統一を目指してはいませんでした。

何を目指していたのかは、知る由もありませんが。


人それぞれに、向き、不向きがあったり、

目的、意思、があったり、

理念、価値観、があったり。


どれが正解、とかは、ありません。


不正解、はありますが、、。


周りがどうあろうが、

人は人、 自分は自分、で

進んでいくのみ。


人生、自分の思い通りになんか、いきません。


与えられた場所、環境、制約の中で、

いかに自分を最大限に活かし、表現していくか。


生きているのではなく、

活かされ、生かされている事に感謝し、


自分は、自分で、

自分が思う人生のど真ん中を、

真っ直ぐに歩いていきます。