Life&Martial Arts

~人生と格闘技~

始まり

f:id:life-and-martialarts:20200217222323j:plain

中学生の頃、

この雑誌に出会い、

始まりました。


初めて買ったのが、アンディ・フグが表紙のこれ。


当時は、格闘技の各団体が交流したり、団体の垣根を超えて闘ったり、

そして、K-1がスタート。

これから、何かが起こるぞって感じの、

ファンからすると、
最も心が躍る、そんな時期でした。


その後、グレイシー柔術の登場をきっかけに、
何でもありの、総合格闘技がメインに踊り出ます。

当初は、グローブもはめず、
素手でのパンチOK、馬乗りなってからの素手パンチOK、倒れている相手の顔面を蹴り込んでもOK、もちろん関節技や絞め技もOK、

本当の、何でも有りでした。

それから、ルールが改良され、
現在主流の総合格闘技、いわゆるMMAへと繋がっていきます。


当時、周りではジャンプなどの少年漫画雑誌に皆が夢中の中、

私は一人、月二回発行される、この格闘技通信に心を躍らされていました。


世の中には、こんな人達がいるんだ、とか、
命懸けてまで闘うって、格好いい、
とか、、、


いつしか見ているだけではなく、
自分も、そっち側の人間になりたいと思っていきました。


高校では、格闘技の部活がなかった為、
帰宅部となり、将来のチャンピオンを目指し、一人黙々とトレーニングしていました。


はい、ケツの青い、少年の儚い夢でした。


それから、数年後、

現実を知り、また、自分には向かないものだと、言い訳をしつつ、惰性で格闘技をやってきました。


その後、人生でも、色々な山や、どん底を味わいながら、どうにか、こうにか、生きてきました。


不器用な性格の為、
時には生きづらさを感じながら。


色々あって、

再び、呼吸を整え、自分の内側に耳を澄ませた時、
もう一度、格闘技をやりたいと、思いました。

これまで、何一つ、なし得たことは、ありません。

これからも、何かをなし得る為に生きていくつもりも、ありません。


ただ、
全ての事に、中途半端なのは、良くないと思います。


一つでも、

何でもいいから、

どんな形でも、いいから。


何事にも、向き、不向きはあります。


向いていないのなら、

向いていないなりに、


自分の形を作っていきたいと思います。


楽しみ方、
挑み方、
向き合い方、
闘い方、、、


一つのはずが、ありません。


ただ、ひたすらに、

純粋な気持ち、思いは、

これからも、持ち続けていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村