命の灯火

f:id:life-and-martialarts:20200219231214j:plain


ニュース番組で、水泳の池江選手のインタビューが流れていました。


そのひと言、ひと言に、心を打たれました。


特に、

白血病での闘病時に、あまりに辛い治療で、
こんなに苦しい思いをする位なら、いっそのこと、死んだ方が楽だ、と言った言葉。


よく、分かります、

その気持ち。


しかし、その辛い闘病を乗り越えた先に、

色々な楽しい出来事を経験した時、

死んだ方がまし、と思ってしまった過去を後悔した、とのこと。


若くして、そこまでの境地に至ったこと、素晴らしいと思います。


10年以上も前、

同じように、白血病で、闘病していた、ある男の子がいました。

確か、4歳位。

抗がん剤のせいで、頭はツルツル。

でも、普段は元気に、
当時流行っていたお笑い芸人の、

「そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ、」

と、いうフレーズをよく真似していました。


ある日、突然、

その知らせはきました。


先程、天国に旅立ったと。


仕事の都合で、お葬式には行けませんでした。


たまに、後悔する時が、あります。


それから、時が経ち、

自分自身も、
生死の境を、彷徨いました。


価値観や、人生観が、

変わります。


改て、

命を大切にしよう。


その日、その日を、

丁寧に、懸命に。


世の中には、生きたくても、生きられない人が、たくさんいます。


だから、いつも、


本気で行きます。


これからも、本気で、生きます。


この気持ち、最後まで。