真剣

f:id:life-and-martialarts:20200310225534j:plain

通常、

武道では、白い道着を着ます。


昔、聞いた話だと、

いつ死の瞬間に立ち会ってもいいように、

亡くなった人が着せられる、白装束が由来になっている、と聞いた事があります。

確かに、時代劇とか見てると、武士は下に白い着物を着ています。

切腹する時も、白装束です。


日本では、
紅白、と使う言葉、色使いがありますが、

生まれたばかりの赤ちゃんは、
生命力たっぷりの「赤ちゃん」と、呼ばれます。

それとは逆に、
死を意味する色は、白とされていたようです。

これから、極楽へ向かう為の出発、旅に出る、という意味もあるそうです。


昔、

空手の世界大会で、

日本人が負けて、外国に優勝をさらわれる事があったら、その時は腹を切れ、と言われていた時代がありました。


半ば、劇画的な世界ですが、

それ位の覚悟で挑んでいた方々がいた事も事実です。


毎日を、

そこまでの覚悟、気持ちで生きていくのはしんどいですが、


心の奥底には、

そのような鬼気迫る、気合というか、気持ち、精神性を、

持ち合わせて、生きていきたいと、思います。