忘れ物

f:id:life-and-martialarts:20200323221246j:plain

十代の頃、

プロの格闘家になることが、夢でした。


その夢は、

見事に、

儚く、散りました。


それ以外にも、

とにかく、挫折ばかりの、人生。

何一つ、達成したことは、ありません。


それで、いいとも、思っていません。


かといって、


それが、駄目だとも、思っていません。


ただ、純粋に、


もう一度、


何かをやりたい

燃焼したい、

と、感じました。


目標は、あるようで、ないし、

ないようで、あります。


ひねくれて、面倒くさく、ウザい、
中年親父です。


はい、

自分が、一番、よく分かっています。



もう一度、


あの場所へ。