卒業

f:id:life-and-martialarts:20200324195101j:plain

尾崎豊、ではありません。

娘の卒業式。

校門前にあった、桜。

f:id:life-and-martialarts:20200324195149j:plain


f:id:life-and-martialarts:20200324195235j:plain


生まれたばかりの頃は、どうなることか、という状況でした。

色々、ありました。

みんな、

お互いに、修羅場をくぐってきました。

娘にはその記憶は、ありませんが。


よくここまで、辿り着いたもんだ。


あの頃は、

先の光景、景色なんて、想像できませんでした。


まぁ、終わりは新たなスタートでもあるので、
またここから、という感じですが、

一つの区切りである事は、間違いありません。


これからも、

素直に、真っ直ぐ、感謝の気持ちを忘れず、、、

人の思いを大切にしながら、進んでいってもらいたいと、思います。


どんな選択をしても、

どれも、正解です。


正解にするも、しないも、

全ては、自分の気持ち、心根で、決まります。


これからの、一つ一つの経験から、

それを自分自身で、理解できるようになってくれさえすれば、あとは何でもいいと、

心から、思っています。