心の扉を開いて

f:id:life-and-martialarts:20200405115735j:plain

本日も、化学兵器の実験か何かの影響により、自宅にて、活動自粛中。


シマリスと、戯れる。

f:id:life-and-martialarts:20200405120133j:plain

犬、猫のように、なつく、という感じはありません。

ただ、
時間の経過、日々のやりとりの積み重ねにより、
少しずつ、気を許してくれるようになります。


f:id:life-and-martialarts:20200405120602j:plain


人間とも、そうですよね。

すぐに、お互いに心を開くことは、ありません。

私は、

以前は、自分から進んでコミュニケーションを図るタイプではありませんでしたが、

その後、色々な経験を通じ、

人と人との繋がりの大切さや、

自分がプラスな気持ちを発する事で、

それに関わる人も、プラスな気持ちに変わる可能性が高まる、という事を実感。

それからは、積極的に会話や、コミュニケーションを自分から取るようになりました。

相手がどう感じるかは、当然、分かりません。

が、人の心を開くには、

まずは、自分から心を開く必要があると思っています。
(元々、自分をありのままに話すタイプですが、)

基本的に、変な嘘はつきませんし、極力、正直に受け答えします。

要は、“素” の状態に近いです。

自分で言うのもなんですが(ほんとになんですが)、
比較的、裏表がないタイプです。

そのせいか(そのせいと思いたい、、)、

時折、
そんな事、人に言わないでしょ、という事を自分に話してくれたり、打ち明けてくれたりする事があります。


そんな時は、
まさにコミュニケーションの醍醐味、

相手が、自分に心を開いてくれた瞬間かなと思います。


f:id:life-and-martialarts:20200405122721j:plain

f:id:life-and-martialarts:20200405122748j:plain

f:id:life-and-martialarts:20200405122812j:plain

んー、

だいぶ、いい感じ、、。

その調子で、俺に心を、開いて。。。


f:id:life-and-martialarts:20200405122927j:plain


と、思っていたのも束の間、


機嫌が悪かったのか、

いきなり、噛みつかれました、、、


まだ、

時間が、かかるようですね。


大丈夫、

俺の事を信用して、


ついて来いやぁ!
(RIZINの時の高田延彦風に)