f:id:life-and-martialarts:20200424233011j:plain


何度も、

もう駄目だと、

もう無理だと、


そんなことの連続でした。


生きていく事は、

こんなにも辛く、苦しいものなのかと、

何度も思い知らされました。


でも、

その度、真っ正面から向き合い、

乗り越えてきました。


器用なタイプでは、ありません。

だからこそ、
常に、生き辛さを感じながら、
生きてきました。


器用な人を見ると、羨ましくもありました。


でも、

自分なりの、闘い方で、

生き抜いてきたからこそ、

今の自分があります。


人それぞれに、個性があり、

どれが正解とかは、ありません。


不正解は、ありますが。


自分の器の、

大きさや、色や、形、、、


知ることが大切。


それを分かった上で、

背伸びするのも、良し。

器を綺麗に整えていくのも、良し。


とにも、かくにも、、


後悔しない為には、



素直になることです。