Life&Martial Arts

~人生と格闘技~

stay homeから、STAY DREAM。

f:id:life-and-martialarts:20200603212100j:plain


昔、実家があった所からすぐ裏にある、
金谷山(かなやさん)。

日本の、スキー発祥の地です。

冬景色は、こんな感じ。。


f:id:life-and-martialarts:20200603212238j:plain

そんな大それた山じゃありませんが、、

高校生の時に、ほぼ毎日、

この山までの道のりを、坂道を、

走っていました。


物心ついた頃から格闘技が大好きでした。

当時は今のように格闘技は認知されておらず、
テレビでやっていたのははプロレスか、ボクシング位だったので、
最初、小さな頃はプロレスファンでした。

アントニオ猪木や、ジャイアント馬場が現役の頃。。


中学2年の時、格闘技通信という雑誌に出会い、
一気に格闘技ファンへ。


周りの男子達が、
少年ジャンプ等の漫画雑誌に夢中になっている中、

自分は一人、密かに格闘技オタクと化していました。


高校に上がった際、空手やボクシングといった格闘技の部活もなかった為、

将来のチャンピオンを目指し、

たった一人で、

学校から帰宅してから、

そして休みの日も、

雨が降ろうが、台風が来ようが、

ほぼ毎日、

金谷山まで走ったり、筋トレしたりしていました。


当時は丁度、K-1という格闘技が始まった頃で、
これから新しい何かが始まるぞっ、ていう、

まさに格闘技界が、地殻変動を起こさんばかりの、ワクワク、ドキドキの時でした。


まだ、何の現実も知らないケツの蒼かった少年は、

ただただ、夢ばかりを追い掛け、

ひたすらに、坂道を駆け上がっていたのであります。


上京して、即、空手道場に入門。

1年後位に初めて出場した大会で、ベスト8。

負けた事は悔しかったものの、
初めてにしてはまずまずの結果だった事もあり、
やっぱ才能あるかも、、なんて思ったり、思わなかったり。


が、その後、
全日本や、世界で活躍している人達と一緒に練習するようになってから、

己の実力や、性格的な向き不向き等の壁にぶち当たり、、

その後は惰性で何となく続けて参りました。


それから、

人生でも色々な山を登ったり、下ったりして、

いつしか格闘技どころではなくなり、

おそらくは自分なりの言い訳を作って、
フェードアウト、みたいな。


ふと、人生の波が一旦落ち着いた時、


やっぱり何かやりたい、と。


真っ先に頭をよぎったのは、

格闘技でした。


大好きでたまらなかったもの。


今まで何一つ、やり遂げた事もなく、

中途半端でした。


生きていれさえすれば、
それはそれでいいのですが、、

いつ終わるか分からない人生なので、

もう一丁、挑戦したいなと、思いました。


もちろん実力もある訳でもなく、

これからまさか、K-1や、RIZINに出たいなんて馬鹿げた事を考える訳でもなく。。


ただ、
自分の中で、何らかのケジメというか、

区切りまではやり遂げたたいなと、、


ただ、それだけなので、あります。


蒼き夢を見始めたあの時から、30年ほどが経ちました。


今、

その夢は年齢と共に、形を変え、


自分の歩幅と、

自分という狭いフレームの中で、


再び、動き始めようとしています。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村