心、動かざること山の如し

f:id:life-and-martialarts:20200702220157j:plain

以前、
お世話になっていた空手の先生は、

現役時代、

骨が折れていようが、身体がボロボロになっていようが、

いかなる場面、状況でも、

気持ちを保ち、

顔色一つ変えず闘う、

まさしく、侍のような方でした。


数々の偉業をなし遂げた、
空手界において、本当に偉大な方です。


そのような方に、少しでも実際に触れる事が出来た事は、
とても貴重で、大切な経験となりました。


普段から、物腰が柔らかく、

強い方なのにも関わらず、

そういう雰囲気は出さない、


でも、常に、

どっしりと、重厚感にあふれた佇まい。。


足元にも及ばないですし、

そもそも次元が違うので、

自分なんかが語るのはおこがましいですが、


こんな時だからこそ。


いつだって、

どんな状況だって、


やる事、

やるべき事は、


変わらない。


浮き足立たず、

しっかり地に足をつけ、

意識を下っ腹に置き、

深く呼吸をする。


前向きに行こう。


自分の気持ちは、何ら、変わらない。。


心、


動かざること山の如し。