その時は、その時で。

f:id:life-and-martialarts:20200728214739j:plain

朝倉未来の著書、

強者の流儀より。


死とはご褒美。


決して死を軽んじている訳ではないと思います。


色々修羅場をくぐってきているからこその、言葉です。


そもそも、
生きるって、苦行ですからね。


未来選手がどう考えているかは、本人のみぞ知るところですが、

自分も、それに近い価値観、考え方でいます。


ほんと死んだ方が楽だなって事、多いですからね。


自分も、過去、

一度死んでいる、と、思っているので、


その時の事を思ったら、
開き直れるというか、

何が起きても、腹を括る覚悟はできています。


まぁ、人生、山あり谷ありではございますが、


これからも、、


どこからでもかかって来いよ、ってな感じで、


開き直りの精神で、

生きて行こうと思います。


その方が、

楽で、

人生、楽しいです。