堀口恭司

f:id:life-and-martialarts:20200825221218j:plain

最強のmade in Japan。

日本で実績を積み、その後アメリカへ。

総合格闘技、MMAの最高峰であるUFCへ参戦。

野球で例えるならばメジャーリーグ。

世界最強の称号まであと一歩だった。


大人の事情もあり、再び日本へ。

日本が誇る総合格闘技団体、RIZINで活躍。

RIZIN、そしてベラトールの2団体でチャンピオンに。


が、


まさかの、朝倉海に生涯初の、KO負け。

と、同時にそれまで、
おそらくは、だましだまし、やってきたのであろう、

膝の怪我。


長いリハビリ期間。



私は中途半端ながら、空手をやっていました。


堀口恭司選手も、元空手家。


那須川天心 対 堀口恭司の試合で、

久しぶりに心が踊らされました。


飛ぶ鳥を落とす勢いの、那須川天心に対し、

堀口選手は、
総合格闘技ルールや、喧嘩だったら、
自分が圧倒的に勝ってしまう。

天心の土俵である、キックボクシングルールで勝って言い訳をさせない。


一番強いのは、総合格闘技ですよ。


空手出身である彼の言葉に、
潔さ、清々しさを感じました。


言葉や、行動、格闘技への真っ直ぐな気持ち、、


堀口恭司選手を見て、

自分の気持ちも変わりました。


近い将来、、


朝倉海選手との再戦。


1年半ぶりの復帰。


おそらく、

今までとは違うスタイルで、望むと思います。


那須川天心と闘った時も、

まだ誰にもキックボクシングルールで闘ったところを見せた事がなかったからこそ、

いきなり、やったのだと思います。


今の状況で言えば、

朝倉海が有利です。


膝の大怪我。

久しぶりの実戦。

体格的な差。

前回の敗戦。

勢い。


それでも、自分を信じて、


挑戦する。


そこには、余計なプライドとか、雑念とか、、


ないのだと、思います。


二つの、


気持ちと、気持ち。

人生と、人生。

命と、命。


お互い、


勝つか、負けるかで、

その先が大きく変わってきます。


プロの格闘家の、崇高なる覚悟。


それこそが、格闘技の醍醐味であり、魅力です。


一世一代の、大勝負。


いつかの、少年のように心を躍らせながら、


中年になったこの自分も、


今の自分なりに、


自分なりの高みを、


目指していこうと思います。


誰かに評価される事を求めるのではなく、


自分はどうありたいのか。


それが、大事。


いつだって、

満足感、充足感、達成感は、


自分が、決めます。


やるぜ。



この気持ち、最後まで。