少年から、中年へ。

物心ついた時から、プロレスが好きでした。


多分、保育園の頃かな。


当時、金曜日の夜8:00から放送されていたプロレス中継に釘付けでした。


時が経ち、中学2年に。


格闘技通信という、
格闘技雑誌との、衝撃的な出会いが。
(今では廃刊になってしまいましたが)


当時の少年の心には、

世の中には、こんな人達がいるんだ、

と、衝撃が走ったと同時に、

人生や、命まで懸けて闘う格闘家達の生き様に、惚れ込んでいきました。


それ以来、自分もそっち側の人間でありたい、そうなりたいと強く願うようになりました。


高校に入り、格闘技の部活に入りたいと思っていましたが、残念ながら存在せず。


地方のど田舎の為、今流行りの総合格闘技ジムなんぞあるはずもなく、、、


帰宅部を選択。


たった一人で、トレーニング。


近所には小さな山がありました。


日本で、スキー発祥の地であります。


雨の日も、

風の日も、

台風の日も、

雪の日も、


毎日筋トレした後、その山まで走っていました。

いつかのチャンピオンを夢見て。


その後上京。


念願だった格闘技の扉を開きました。


最初はなかなか順調でした。


周りからも期待されていました。


が、


そんな甘い世界では、ありませんでした。


全日本選手や、世界で戦っている選手と一緒に練習するようになり、


実力的にも、性格的にも、


限界を感じました。


それからも大好きな格闘技を、
中途半端ながらも、それとなく続けてきました。


途中、
人生における荒波が次から次へと襲ってきた為、格闘技どころじゃなくなりました。


それらを毎回、

一つずつ真っ正面から、受け止め、格闘技とは違った形で戦い抜き、

一度たりとも逃げることはなく、
ここまで来ました。


そして、
夢見ていたあの時から30年が、経ちました。


あの頃とは、

目指すところ、形、心の置きどころ、、


全てにおいて、変わりました。


当然の事だと思います。


でも、


13歳の頃に描いた純粋な思いだけは、

何ら変わっていません。


一つの事を、30年も好きでいられるというのは、

とても凄い事だと思います。



これまでくぐってきた、

そして積み重ねてきた、

一つ一つの、思いや、気持ち。


それらを再びフィードバックし、これからの人生に、必ず活かしたいと、思っています。


目指すところ、目標は、


あの頃とはとてつもなく小さなものかもしれないけど、

自分なりに、

自分が納得する形で、


進んでいきます。


まだ終わっちゃいない。


これからが、始まり。



この気持ち、最後まで。