心のおもむくままに。

なんだかんだで、まだまだ熱い。

マスクして、坂道ダッシュしてきたところ。

炭酸水を飲み干してスッキリ。


始めて間もないツイッター、早々と撤退。


やればやる程、思っていた以上に時間と労力がかかる事。


ブログも原点に戻り、その名の如く、日記を連ねていこう。


何らかの区切りが着いたところが終着点。



少しずつ、待ちにまった瞬間が近付いている。


あの頃は、

今、生きていることさえ、
想像もしていなかった。


このまま、

終わるんだなと思っていた。


諦めたら終わりだとか言うヤツいるけど、


諦めていたのに、


今、どういう訳か、

俺は、生きている。


あの時の切迫感、

無念、

屈辱、

幾つもの死、

無力感、

怒り、憎しみ、悲しみ、

裏切り、

絶望。



よく、ここまで来れた。


一回死んでるも同然だから、開きなおれた。


これからも、捨て身の覚悟で。


どんなに意味のない誹謗中傷を受けようが、

偽善者だと言われようが、

それでも慈善活動を辞めない人、凄いね。


俺にはそこまでの器はない。


とりあえずは、自分の人生と、
そして自分が大切にしている人の人生に、

これまでの積み重ねを、活かそう。


目の前の事を、一つずつ。


天から、もう終わりだと言われた時が、その時。


いつになるのか分からないから、

自分なりに、丁寧に、懸命にやろう。


この気持ち、最後まで。