あの日のまま

明日は、大雨のようだ。

天気には逆らえないから、仕方のない事だ。


再び、こんな日が訪れるとは、

ちょっと前までは、思う事もなかった。


先程、道場の代表の方にメールにて前日の挨拶をしておいた。

やはり、礼儀は必要だ。


そして、このブログを書いているたった今、

お会い出来る事を楽しみにしております、

との返信が。


心が、高ぶる。



実践なくんば、証明されず、

証明なくんば、信用されず、

信用なくんば、尊敬されない。


尊敬されたいとまでは思わないけど、

全ては、経験する事で説得力を持つ事に間違いはない。


今年の2月、

試合を観戦。


その地に降り立った瞬間、
目の前の闘いを目にした瞬間に、

汗が噴き出してきたのを、今でも鮮明に記憶している。


血が、騒いだ。


と、同時に、

いつかと同じ匂いを感じた。



もし、改て、
感じるものがあるならば、

何らかの形、方法で、

それを一人でも多くの人に、広めていきたいな、と思う。


やはり、

どうしても、何かを発信して、

誰かしらに、届けたい性分のようだ。


理由を問われても、

自分でも分からない。


まずは、

自分に正直に、純粋に、

楽しもう。


それが、一番。


この心が踊らされる感じ、高鳴りは、


あの頃と、同じ。


幾つになっても、

大事なものは変わらないし、変えるつもりもない。


この気持ち、最後まで。