Life&Martial Arts

~人生と格闘技~

強くなりたい。

本日もお休み。

フレンチトーストから始まり。

f:id:life-and-martialarts:20201101205724j:plain

ゆっくりダラダラして、

お昼から五反田へ。


今日のランチ

まずは日本酒から。。

f:id:life-and-martialarts:20201101205702j:plain

ふるさと、新潟の日本酒を選択。


f:id:life-and-martialarts:20201101205855j:plain


f:id:life-and-martialarts:20201101205926j:plain


f:id:life-and-martialarts:20201101210005j:plain


f:id:life-and-martialarts:20201101210026j:plain


満たされました。。


さてさて、

本日は格闘技ファンにはなんとも贅沢で、たまらない一日でした。


まずは、キックボクシング。

f:id:life-and-martialarts:20201101221148j:plain

那須川天心 対 裕樹。

言わずと知れた、キックボクシング史上最高の天才、那須川天心選手。

一方、RISEというキックボクシング団体で三階級制覇し、今日が引退試合、もうすぐ38歳の裕樹選手。


結果的には2ラウンド、那須川天心のKO勝ち。

ただこの試合、その結果だけではなく、
互いの選手の思いや気持ちが凄く伝わる、個人的には感動的な試合となりました。


試合後の裕樹選手のインタビュー。


「これまで、とにかく強くなりたい、強くなりたいという思いで格闘技をやってきました」


このストレートな言葉に、思わず涙がこぼれそうになりました。


一方の天心選手も、昔から裕樹選手とは親交があったにも関わらず、だからこそ最初から容赦なく、倒しにかかり、見事に圧倒、倒し切りました。

いきなりゴングと同時にスーパーマンパンチ当ててましたから、。

凄いですよ。



そしてお次は、


f:id:life-and-martialarts:20201101221225j:plain

ボクシング。

ラスベガスでの、井上尚弥 対 マロニー。


いゃあ、もう、井上尚弥選手、凄いのひと言。


序盤は久しぶりの試合という事もあってか、慎重な立ち上がり。

次第にプレッシャーをかけつつチャンスをうかがう。

最初にダウンを奪ったのは左フック。
前の手でですよ!

どういう事かというと、、

ボクシング等の打撃系格闘技で、右利きの場合、通常は、
左手を前にして、
右手は後ろ構えます。

で、まずは前の手(相手に近い方の手)でジャブを打ちながら距離やタイミングを図り、
フィニッシュは威力のある(身体のタメを使える)後ろの手の右手で倒す、、って感じ。

井上選手が最初に奪ったダウンシーンは、本来は倒す為の方ではない、左でのフック。

要は目の良さとタイミングで倒しているのです。

さらに、もっと衝撃的だったのは最後のフィニッシュでした。


相手が一瞬出ようとしたところに、右ストレート一閃。


鳥肌が立ちました。


こんなボクサーはなかなかいません。

天心選手の場合は、相手に自分の仕事をさせず、常に自分の領域で戦うようなスタイル、強さ。

一方の井上選手の場合は、

今日のように、その時その時の状況により、自らの戦い方を変え、臨機応変に、そして正確無比なタイミング、スピードで、日本刀のように切る。


格闘技の技術は突き詰めていくと、芸術のようなものだと個人的には思っています。


今日はこの2試合から、

純粋で熱い気持ちや覚悟を感じる事ができて、改て格闘技の素晴らしさを堪能できました。


まずは己の弱さを自覚し、受け止める事から。

自分の弱さを知っているからこそ、強さへの憧れが増していく。


強くなりたい。



明日からも、

地道に、一つずつ積み重ねて行こうと思います。


この気持ち、最後まで。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村