Life&Martial Arts

~人生と格闘技~

格闘技通信

中学2年の頃、、

それは突然の出会いだった。


プロレスファンだった自分が、

格闘技に目覚めた瞬間。


f:id:life-and-martialarts:20210217204851j:plain


この格闘技専門誌との出会いにより、
頭の中は格闘技一色となっていった。


格闘技通信の中で語られる言葉、
選手達の言霊とでも言いましょうか。

自分にとっては、それらが人生観を構築する礎となりました。


周りが少年ジャンプとかに夢中になっている中、自分だけは月1回(のちに月2回になった)発刊される格闘技通信に夢中になっていた。


UWFというプロレス団体から派生した、
リングス、UWFインター、藤原組という、格闘技色の強いプロレス団体が当時脚光を浴び、
自分もいつかリングスで戦うんだっ、みたいな妄想を膨らませていました。


身体が小さかった為、プロレスラーになる夢は早々に諦めた記憶がありますが、思えば当時から総合格闘技志向が強かったのかもしれません。

そのわりに空手道場に入門したのは、なぜだろう笑

当時、アンディ・フグがそれまで所属していた極真会館を脱退し、正道会館というK-1を生み出した空手団体へ移籍した時期で、とにかくこれから格闘技界はどうなっていくんだ?と、ドキドキさせられた時期でした。

何事もそういう何かが始まる時って面白いんですよね。。


そんな訳で、
当時から流行にも疎い、というより全く流行している事とか、周りが何をしているとかそういうのを気にせず、、良くも悪くも自分の世界を持っていた為、ちょっと変わった性格を形成していったのかもしれません。


妻からも、
『人生で出会った事がない変わり者』
と、言れたほどであります。

もちろん、その言葉にはプラスな因子は含まれていないでしょう。

よって、自分の子供には、
普通に遊んで、人並みの経験をしていって欲しいと願っております。。


話がそれましたが、、


大人、というか、オッサンになった今、


紆余曲折を経て、また、格闘技と出会い。


格闘技には変な嘘がないところがいいんです。

そのままの自分で、

あるがままの自分がさらけ出される。


裏切るも、

裏切らないも、


自分次第。


その時の損得勘定で人を裏切ったり、

その時の一瞬の良し悪しで手の平を返したり、、

世の中、そんなので溢れかえっている訳ですが、

いつまでも、自分次第で、純粋に道を全うできそうな空気がそこにはある。


このまま、進んで行こう。



明日も、


普通に、流れて行こう。