Life&Martial Arts

~人生と格闘技~

那須川天心vs堀口恭司

今日は平日休み。。


もう一度格闘技をやりたいと思わせてくれた、

きっかけとなった那須川天心と堀口恭司の試合を久しぶりにYouTubeにて。


入場シーン
↓↓

youtu.be


試合の模様
↓↓


youtu.be



キックボクシング史上最高の選手、那須川天心と、

日本の総合格闘技史上最高の選手、堀口恭司。


堀口恭司は、総合格闘技(MMA)の最高峰、アメリカのUFCから帰国し、日本の総合格闘技団体であるRIZINに参戦。


那須川天心も世界の強豪と戦い連戦連勝。


そんな中、
堀口恭司がリング上から、那須川天心に対戦要求。


本来なら、総合格闘家である堀口恭司が、キックボクサーである那須川天心と戦う必要はない。

同じ格闘技といえども畑違いな訳ですから。


それでも、再び格闘技のブーム、灯火が付き始めていたタイミングで、

お互いがノリに乗っているタイミングで、交わる。


自分の事だけ、

己のキャリアや、目先の事だけを考えるなら、あえてそんな選択をする必要はなかった。


我々が想像もつかないレベル、視点で、

格闘技界の未来を考えていたのではないだろうか。


二人が交わる事で盛り上がり、何かが動き出すかもしれない。


ここで格闘技の火を消す訳にはいかない。。


その対戦要求を真っ直ぐに受けた那須川天心もさすが。


特に那須川天心にとっては、リスクでしかない。

キックボクシング史上最高の選手が、キックボクシングルールで、総合格闘家に負ける事は許されない。


二人の気持ち、覚悟、魂のぶつかり合い。


その緊張感が、たまらない。



いつの時代も、


どんなにデジタル化が進み、


ネットが当たり前の世の中になり、


AIが活躍する時代になっても、、




“心”を動かすのは、


やはり、


“人”である事に変わりはない。



そこに、“魂”が宿っているかどうか。



表面に出すか出さないかは重要じゃない。



俺は熱く生(い)こう。



この気持ち、最後まで。




そんな訳で、、



明日も、


普通に、頑張ろう。